飲料

安心・安全な水とは

日本の水の安全神話が崩れ出した時から、ミネラルウォーターと昔では考えられない水が売り物になるということが、今では当たり前のものになってしまいました。
最近のスーパーなどやコンビニではミネラルウォーターは数えきれないほどの種類があり、病院や施設などにおいて主流だったミネラルウォーターサーバーは家庭内に設置されるほどになりました。
そんなにまでするほどに、水は安全ではなくなったのでしょうか。

水道水の中にはカルキの臭いが残っています。
それは塩素を全て取り除くということが出来ないからです。
塩素を取り除いてしまうことによって、発生してしまう細菌などの方の危険性が高いために、身体に害のない程度の塩素が含まれているのです。
ただし最近の研究から、塩素は水の物質との結びつきによって発生されるといわれているトリハロメタンという物質に変換し、身体に害を与えるといわれています。
勿論、身体に害がでるほどの量は含んでいないでしょうが、健康のために1日に2L近く水を飲むことが推奨されているのですから、水道水は避けた方がいいでしょう。

もしくは水道水を沸騰させるのです。
水道水を5分以上沸騰させることによってトリハロメタンは取り除かれます。
そのお湯になった水を冷まして、冷やせば安心して飲めますが、時間もかかりますし、他の大切な成分もとんでしまい、本当の「真水」に近いものになってしまいます。

水はミネラル成分を多く含んだものが体にもよいので、やはりミネラルウォーターを購入するか、多く水を飲む人にはミネラルウォーターサーバーがお勧めです。
最近のミネラルウォーターサーバーは水の品質にもこだわっているものが多く、選ぶことができます。
本体自体はレンタルですが、会社によっては無料だったり、メンテナンスなどもしてくれるところも多いですので、よい水を安く飲めるように
事前に様々なメーカーを調べてみてから決めるのが良いでしょう。
ミネラルウォーターサーバーの比較と選び方はこちらのサイトを参考にしてみてください。
また水道水も全く悪いというわけではありませんので、必要以上に警戒しないでください。

Menu