飲料

井戸水の安全性

井戸水は水道とは違い、自然な水という感じです。
田舎の方に行くとたまに無料でいただけるような井戸の水もあり、その美味しさと持ち主の温かい心には感謝をして、いただいたら丁寧に後片づけをしましょう。
何しろ井戸の水はきちんとした水質検査を受けて、本来ならいたずらをされないように柵などをしなくてはいけないのです。

以前、毒物が投げ込まれて井戸を使えなくなったという人もおり、今では井戸の解放は少なくなっています。
美味しい水、綺麗な水、本当の自然の水を汚すような行為は許されません。
安心して、井戸の水を飲むためにも非常式な行動は慎みましょう。

井戸の所有者は最低でも1年に1度は水質検査を受けましょう。
これは家庭内だけでの井戸水の使用でも同じです。
水質は何が原因で変化するか分かりませんし、昔は井戸の水から伝染病が発生したのではないかと言われたようなこともあります。
井戸を持っているということは使用している、未使用という以前に責任もあるのです。
水質検査は、最寄りの保健所で受け付けていますので、是非、ご相談ください。

そして管理も大切になります。
一般開放型ではない限り、柵などをきちんとしていたずらなどをされないようにしましょう。
たまにごみなどを捨てていく人などもいますので気を付けてください。
また井戸の周辺で、水を汚染するような設置物はありませんか。
水を汚染するものがある場合は細目に保健所に相談して、井戸水の味が変わったと感じたらすぐに連絡するようにしましょう。

水質検査の結果が良好で、そのままでも十分に飲めると保証されてもあくまで水は生ものです。
食中毒や感染症を起こす、目に見えない病原菌が含まれていることもありますので、飲用するときには消毒設備を取り付けて消毒の効果を確認するようにしましょう。
井戸水としての魅力が損なわれるかもしれませんが、安全を考えた方が良いのではないでしょうか。
もし、手軽で安心・安全なミネラルウォーターが飲みたいという方にはウォーターサーバーをおすすめします。

Menu