飲料

水の選び方

水というのは主に軟水と硬水に分かれます。
日本人は軟水で育ったといってもいい民族ですので、いきなり硬水を飲むとお腹を壊してしまいます。
外国などに旅行にいき、水にあたったと倒れるほとんどの原因が、硬水に胃腸が耐えられなくなるからです。
しかも硬水は便秘解消の効果として飲まれることがあるほどで、下剤とまではいきませんが慣れていない人はひどい下痢を起こしてしまいますのも、勘違いの対象なのでしょう。

日本にもミネラルウォーターとして硬水が入ってくるようになると、ダイエットなどの目的で飲む人も増えてきました。
いきなり硬度が高い水ではなければ大丈夫といってもいいので、徐々に慣らして硬度を上げていきましょう。
ただし硬水はそういうダイエットなどの目的がなければ、あまり飲みたいとは思わないかもしれないほど、硬度が高くなるほどにえぐみというものがあります。
それはミネラルの成分濃度が高いということでありますので、身体によい栄養素が入っているといってもいいでしょう。
飲みにくさはありますが、体内では良い働きhttp://www.woodriverrcandd.info/tai.htmlをします。

軟水はミネラル事態が少量しか入っていませんので、ミネラルのバランスの良い水が理想の水といってもいいでしょう。
美味しいと感じる水が理想の水であり、いつもの水が不味く感じてしまったら体調が悪いと言うほどに水をバロメーターにしていらっしゃる人もいます。
水は同じ味ではないのかといえば、溶け込んでいるミネラルや硬度によって味は違います。

飲み水として美味しく、ミネラルの多い水は、無殺菌の「ナチュラルミネラルウォーター」でしょうが、好みがありますので、いろいろな水の効き水をしてはいかがでしょう。
ただしその際には硬度の割合はしっかりと確認して、まずは低いものから試すようにしましょう。
水には炭酸入りのものがあり、食欲を増したい時などに飲まれる水などというように、目的に合わせて水を変えるということもあります。
これは料理にも使えますので、お気に入りの水とは別に、目的にあった水を使用しましょう。
1日に必要なカルシウムを補給できるミネラルウォーターhttp://www.ewpra.org/cal.htmlもあります。

Menu