飲料

日本のミネラルウォーター

こちらのサイトhttp://xn--1rw.name/10.htmlでも書かれているとおり、日本のミネラルウォーターは世界でも注目されています。
日本のミネラルウォーターは大きく4種類に分けられます。
「ナチュラルウォーター」は、特定の水源から採取した地下水のことで、沈殿、濾過、加熱殺菌のみを施した水です。
「ナチュラルミネラルウォーター」は、ナチュラルウォーターのうちミネラルを含む地下水のことで、地下水で摂られたままの状態で運ばれる、本当に自然な水です。
「ミネラルウォーター」は、ナチュラルミネラルウォーターやナチュラルウォーターに、ミネラル分調整やブレンドなどを施し、ミネラルの調整を行った水です。
「ボトルドウォーター」は、それ以外のミネラルウォーター類ということを指します。

日本のミネラルウォーターはほとんど軟水で、中硬水でダイエットの水といわれるほどです。
ただ外国のミネラルウォーターをダイエット目的で飲んでいる人には効き目はないでしょう。
それほどに硬度に差があるといってもいいでしょう。
日本と外国のミネラルウォーターの違いはこちらhttp://xn--gckg0e8bzevco2lb.tv/7.htmlを参考にしてみてください。

モンドセレクションで最高金賞を受賞をした日本のミネラルウォーターとして人気なのは、「日田天領水」で、体にやさしい弱アルカリ性の天然水であり、
活性水素を多量に含むミネラルウォーターです。

また日本のミネラルウォーターで忘れてはいけないのは「富士山のバナジウム天然水」をはじめとする富士山の玄武岩を通過したバナジウムを含んだミネラルウォーターです。
バナジウムはミネラル成分のひとつで、健康や美容によい成分として人気があります。

「海の深海水」シリーズも多種類のミネラルが多く含まれている水として、海の中から摂られた水が腸内の余分な糖の発生を抑制し、膵臓の働きを助ける水として選ばれています。
また最近では災害に備えるように、ミネラルウォーターも災害時の時のためにと、保存期間を5年にしたミネラルウォーターも多くでています。
ミネラルサーバーのボトルをいざという時の災害対策にあてている家は、ミネラルサーバーがあるからできるので、ない家ではミネラルウォーターを備えておきましょう。

Menu