飲料

水道水の安全性

水道水は、家にある水道の蛇口をひねれば、濁りも何もない綺麗な水がでてきます。
美味しい軟水の水で、しいていえばカルキの臭いがするのかな、というくらいであり、そのカルキすらも人間の身体に害のない程度の量に抑えられています。
では何故、ミネラルウォーターやミネラルサーバー、浄水器などが必要とされているのでしょう。

それは水道管の老朽化にも関係してきます。
水道水が通ってくる水道管は、現在はやステンレス製やライニング銅製が主流となっています。
昔は鉛製で、しかも水道水が水道管を通る際、鉛が溶け出して水に混入するという危険性が判明してからは、現在では使用禁止となっているものの、
昔ながらの家の水道管などは、現在でも鉛管が使用されている場合が多くあるのです。

自分の元に届くまでにどのような経路がたどられているのかを詳しく調査して、どこの部分が危ないとかいうように把握している人はほとんどいないといってもいいでしょう。
ですから特に小さなお子様がいるような家や、赤ちゃんのミルク作りhttp://www.theclassconnection.com/11.htmlには水道水を敬遠してしまうといってもいいでしょう。

カルキに関しては最近の研究から、トリハロメタンという成分が水と結び付くことで発生すると分かってきていますが、5分以上沸騰させることで
消えるということも証明されています。
塩素が最後まで消されないのは意図的で、手元に辿りつくまでの水に細菌などが付着できないようにするためであり、どちらが安全なのかという議論が
持ち上がったこともあるようですが、細菌の方が未知で不安要素が高かったがために、塩素を身体に害のないほどに抑えて投入するようになったようです。

もっとも水にそこまで神経と使ったとしましても、発ガンリスク分配率として、水道2%、大気6%、その他2%、食品90%という発表もあるように、
水道水の危険は少ないようにも考えられます。
ただ大量に水を飲むという健康方を実施されている方は、飲む水に工夫するなりの考え方を持ってもよいのではないでしょうか。
いくらミネラルウォーターでも飲みすぎには注意http://b0o.com/mizuhatorisugiru.htmlしましょう。

Menu